« 【東京 赤鬼】日本酒もワインリストくらいあると本当にうれしい | トップページ | 【東京 世界料理サミット】ジャックピュイゼ教授訪日 »

【京都 錦1】美味しさはブランド力?

京都に再び頻繁に行く事になりそうな予感。

錦の豆屋さんに「豆招福」というお店があります。2週間前に行き、つい、つまみ食いさせてもらって、お店の作戦に嵌まり、黒豆を買うて帰ってきたのですが、忘れられず一昨日、また立ち寄ってしまいました。豆ご飯にもいいわよ、とお店のお姐さんに言われたのに、豆ご飯にする間もなく、ビールとともに消えていった、煎り黒豆たち。香ばしさとほんのりした甘み。軽やかな口当たりとビールが程よくマッチするのです。前回、イッキ食いを恐れて買えなかった「きなこ豆」も一緒に買うてしまいました。経験というのは恐ろしいものです。
このきな粉豆、前回はこらえて買わなかったのですが、小さな紙コップに数個きな粉豆を入れてくれたお店のおねえさんは「あんた、これもってき」と。なんて優しい。。。2週間後に、舞い戻った私はまんまと店のシナリオ通りだったのかもしれませんが、美味しいから仕方がないのです。
丹波の黒豆がベースなので、お高いのが玉にきず。できればたくさん買うから卸価格にしていただきたいほど、美味しいのでした。

京都旅行のお土産に新しいかも。

|

« 【東京 赤鬼】日本酒もワインリストくらいあると本当にうれしい | トップページ | 【東京 世界料理サミット】ジャックピュイゼ教授訪日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1115047/28577041

この記事へのトラックバック一覧です: 【京都 錦1】美味しさはブランド力?:

« 【東京 赤鬼】日本酒もワインリストくらいあると本当にうれしい | トップページ | 【東京 世界料理サミット】ジャックピュイゼ教授訪日 »